スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

あなた、自分の入るお墓、ありますか? 

 

こんばんわ、品川です。

いきなり怖いタイトルですね。 夏と間違えてるんじゃないかって? いえいえ知ってますよ。 12月ですよ。
12月に入って皆さん走ってますか?そこの先生も走ってらっしゃいますか?!

質の悪い風邪やノロウィルスまで流行ってますね。 皆さん元気で新年を迎えましょう!

なんて年末の挨拶してる前にクリスマスの予定も未だだし、ボーナスも未だだし、色々未だな品川です。

さて、今日はクリスマス前には相応しくないんですが、今年品川が考えさせられた国家的問題についてお話させて頂きます。
てか勝手に語ります。

品川の親類で今年2軒がお墓を買いました。 お墓と言っても、うち女系なんで誰も墓守が出来ないんですよ。
それで永代供養して頂けるロッカー式って言うんですか? いわゆるマンションみたいなお墓ですね。
一軒家じゃなくてマンションならご先祖様も庭の手入れとか色々面倒が無くってお友達も傍に出来て悪くないと思うんです。

大体にしてこのままずーーっとお墓を作ってごらんなさい!日本は国土が狭いんですよ。お墓だらけになっちゃうじゃないですか。
それ以前に無縁仏様が増えてしまうじゃないですか。 変な意味で土地が転がったりしたら失礼じゃないですか(バブルの申し子)

最近TVで熊本市と鹿児島市の無縁墓問題を取り上げていましたが、自治体が取り組んでる事自体が素晴らしい! 
見て見ぬ振りしてる自治体だっていっぱいありますよ。 だって自分が定年してから勝手にやって!って公務員ばっかりだったら取り組まないですよ。 問題を問題としたところが素晴らしいですね。 他人事ではありません。

それで品川の家も女系でして、建築中の永代供養して頂けるマンションに申込もうと思ってるんです。 叔母の家も完全無敵な女系な上、子供は誰も地元に住んでいないんでやっぱり一緒にお隣同士にしましょとなってるんです。

そう言えば九州の叔父のお墓もマンションだったな。 一番上の従兄も奥さん側のお墓マンションンが広いのに勿体ないからそっちに行くと言ってたし。 みんな可愛い子供や孫に迷惑はかけたくないんですよね。

墓守が迷惑だとは子も孫も思ってないだろうけど、それ以前に残された家族が年老いて、簡単に行けてたお墓に行けないってお家はいっぱいあります。 小高い丘なんていい立地条件ですね。若い時はそう思ったんですよ。 でもいざ自分も年を取ると行きたくても行けない。 そんなお婆ちゃんみえますよね。

品川世代だと(バブル世代)そんなに抵抗は無いんですよね。 ほら「わたしの~お墓のま~えで~」って歌がヒットしましたよね。 あれってきっかけになったと思うんですよ。 お墓を移すとか正式には何て言うんでしょ? お年寄りには重大な問題だし、若い人だっていい気分なものではないでしょう。 なんか気になるでしょうね。 けど「そこに私は居ません」と言われると「そ…そっか!」
と皆さんちょっと安心したと思うんですよ。

品川、昔から宇宙論者なんで、「そこに私は居ません」には「うん、知ってた」と答えましたが、一生懸命お寺やお墓に通うお婆ちゃんも、うんうんとニコニコしながらあの歌を聴いてみえたと思うんですよ。

だから多分今からはみんな自分を納得させてマンションに住むようになるんだと思います。 住む人より、残された人が自分を納得させるんですよね。 それも時間の問題だと思います。 「歌は世につれ世は歌につれ」とか言うじゃないですか。 そこに私は居ないんですよ。 品川は居る予定ないです。

それでそんな時に見つけたのが、なんと世田谷にもあるんですね。 中々今納骨堂式永代供養型のお墓って都内では見つけにくいんですよ。 これでやっと世田谷の叔母にも教えてあげられます。 とことん女系です。





こうゆうお寺が増えてみんなの心配事が一つ減るといいですね。

category: 日々の日記

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。